LUCAS MUSEUM|山本容子美術館 

LUCAS MUSEUM|LUCASMUSEUM.NET|山本容子美術館


INFORMATION

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 90 | 91 | 92 || Next»

TITLE:【Gallery】Let's go to my gallery 〜チューリップ畑をつまさきで〜

July 23.2020


1 『ルーカスとチューリップ』


©️Yoko Yamamoto


あたたかな風に吹かれ、揺れているチューリップ。
その中でつまさき歩きをしているのは、鎌倉の海から私のアトリエに迷いこんできた犬のルーカス。
33年前の7月のことでした。



2 『冬の森ー妖精のシンシア』


©️Yoko Yamamoto


雪景色。でももうすぐ春を迎える森。北海道の富良野の森に通い、この物語の構想をねりました。
雪の下には様々な植物がねむっているはずです。チューリップの球根もきっと。
雪が溶けつつキラキラ輝いて舞いおりる姿に、妖精を感じました。
その妖精を、チューリップに春を告げるシンシアと名付けました。
シンシアはチューリップの原種名です。ルーカスは森の番犬として登場します。

Category: Gallery
Posted by: lucas

TITLE:【Others】読売新聞 夕刊 「たしなみ」挿画

July 21.2020

2012年4月から読売新聞夕刊の隔週火曜日に、現代の人間関係のありようや世相を考えるエッセーを集めた「たしなみ」のコーナーの挿画を制作しています。

2020年6月からの作者は星野博美さん(作家・写真家)、恩田侑布子さん(俳人)のお二人です。9年目に入った連載を引き続きお楽しみください。


©Yoko Yamamoto

読売新聞夕刊「たしなみ」挿画、2020年7月21日のテーマは「人目のマナー」星野博美さんです。

Category: Others
Posted by: lucas

TITLE:【Gallery】Let's go to my gallery 〜チューリップ畑をつまさきで〜

July 19.2020

新刊書籍                     
『プラテーロとわたし』                                      
 J. R. ヒメネス=作  波多野睦美=訳
 山本容子の新作銅版画28点を収録
 A5変型版上製120ページ
 本体価格1,700円(税別)              
 理論社
 詳細はこちらより

新刊書籍
『チューリップ畑をつまさきで』
著者:山本容子
2017年10月 出版
本体価格1,500円(税別)
偕成社
詳細はこちらより



©️Yoko Yamamoto 「Tip-Toe Through The Tulips with me」2014年作


歌詞を訳してみた。



音符も絵にして表紙にしてみた。このチューリップや犬、ねこの頭は音符になっている。
絵を見ながら歌ってくれるといいなあと思った。


Category: Gallery
Posted by: lucas

TITLE:【Media】8月13日 NHK BSプレミアム 「深読み音楽会」出演

July 16.2020



テレビ番組再放送のお知らせです。

深読み音楽会 井上陽水(59分)
8月13日(木)午後11:25から NHKBS4K

私の青春時代からの憧れの陽水さんの歌詞について深読みしました。

Category: Media 
Posted by: lucas

TITLE:【Gallery】Let's go to my gallery 〜詩画集プラテーロとわたし〜

July 16.2020


28 『モゲールの空にいるプラテーロへ』


©Yoko Yamamoto

プラテーロの魂と共に、モゲールの野山の魂も天に昇った。
思い出は「日ごとに より良く より穏やかに より澄んで」
ヒメネスの魂となって天に昇ってゆく。
土に眠るプラテーロの心臓から咲いたアイリス。
アイリスの前に佇むヒメネス。

プラテーロとヒメネスは、本の中で生き続けます。了

Category: Gallery
Posted by: lucas

TITLE:【Gallery】Let's go to my gallery 〜詩画集プラテーロとわたし〜

July 14.2020


27 『メランコリー』


©Yoko Yamamoto

プラテーロの墓のある場所。
プラテーロの魂のように、アイリスの花から花へととびまわる
白い蝶が軽やかだ。

Category: Gallery
Posted by: lucas

TITLE:【Gallery】Let's go to my gallery 〜詩画集プラテーロとわたし〜

July 12.2020


26 『ノスタルジア』


©Yoko Yamamoto

プラテーロの優しい悲しげな鳴き声が
よく晴れた西の空に聞こえてくる。いつも、いつまでも。
プラテーロと一緒にみたものすべては
いまもプラテーロが見ている。
草花もくたびれたロバの群れも、きっと見ている。

Category: Gallery
Posted by: lucas

TITLE:【Gallery】Let's go to my gallery 〜詩画集プラテーロとわたし〜

July 09.2020


25 『死』


©Yoko Yamamoto

「しんとした厩。光りながら飛んでいた。
小さな窓からさす光の中を。美しい三色の蝶がただ一羽。」

プラテーロは死んでいた。
四つの脚は硬く血の気をなくし、天をさしていた。
最も美しい言葉とリズムとあっけない死。
プラテーロの魂のカタチは、プラテーロのカタチにした。

Category: Gallery
Posted by: lucas

TITLE:【Others】読売新聞 夕刊 「たしなみ」挿画

July 07.2020

2012年4月から読売新聞夕刊の隔週火曜日に、現代の人間関係のありようや世相を考えるエッセーを集めた「たしなみ」のコーナーの挿画を制作しています。

2020年6月からの作者は星野博美さん(作家・写真家)、恩田侑布子さん(俳人)のお二人です。9年目に入った連載を引き続きお楽しみください。


©Yoko Yamamoto

読売新聞夕刊「たしなみ」挿画、2020年7月7日のテーマは「金銀すなご一粒のマナー」恩田侑布子さんです。

Category: Others
Posted by: lucas

TITLE:【Gallery】Let's go to my gallery 〜詩画集プラテーロとわたし〜

July 07.2020


24 『カーニバル』


©Yoko Yamamoto

日暮れ時のカーニバル。寒い。
子供たちは、ロバの鳴き真似をしながら、彼を鳴かせようと
プラテーロを囲んで回りつづけている。
男らしく、逃げ出すプラテーロ。でもプラテーロは泣きべそをかいてしまった。
ロバは鳴くけれど泣かないのに。

アラベスク模様の馬飾りがすべりおちた。
私はモロッコのフェズで見つけたタイル模様がバラバラになるところをイメージした。
プラテーロのけりあげた後ろ足は、今までの版画のどこかにかくれていますよ。

Category: Gallery
Posted by: lucas
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 90 | 91 | 92 || Next»



page top

Copyright©2007 Office Lucas All Rights Reserved.